プロジェクト

日建設計コンストラクション・マネジメントが手がけてきたプロジェクトをご紹介します。

プロジェクトアーカイブ

日本生命 東館新築 CM 業務  ユニット理念に基づく、設計と施工のインテグレーションによる革新的プロジェクト

鼎談  日本生命不動産部長 池田宜之 大林組 JV 現場所長 林忠利 NCM 社長       水野和則

  • 南西側外観

    南西側外観

  • オフィス内観

    オフィス内観

  • 南西側外観

    東側緑道

2015年1月に竣工した日本生命東館プロジェクトは、労務がひっ迫する建設状況のなかで、予定より1か月も工期を短縮し竣工を迎えることが出来ました。設計フェーズからユニット化を念頭に置き、施工の合理化を視野に入れた設計を行いました。施工フェーズにおいては、施主(日本生命不動産部)、設計者(日建設計)、施工者(施工JV)がフラットに知恵を出し合い、厳しいながらも前向きなプロジェクト運営が実現しました。NCMは、主に設計と施工のインテグレーションを推進する役割を果たしました。
今回は、施主責任者である池田不動産部長、施工JV林所長に当時を振り返っていただき、プロジェクトについて語っていただきました。

写真左から林所長、池田部長、水野

写真左から林所長、池田部長、水野

基本設計段階から、CMrによる提案で構法の合理化を目指す

水野 今回のプロジェクトの成功要因として、基本設計の初期段階から構法の合理化を目指して、それを設計内容に取り入れていったことが挙げられると思いますが、いかがでしょうか。

日本生命不動産部長 池田宜之氏

池田 合理的な構法は、「建物の設えに無駄がなく、作りやすく安全で、品質の確保、コストダウン、工期も合理化が可能である。」という理念に基づいていて、プロジェクトを円滑に進める上で、大切なポイントとなると思います。
水野 私が設計を担当させていただいた日本生命丸の内ビルの現場を、十数年前に池田さんがご覧になった際、「なぜ基準階の天井裏が各階で異なり、ぐちゃぐちゃになっているのか?」と。当時の池田さんの言葉が今でも耳に残っています。
池田 そういう経験もあって、基本設計時にユニットスラブの提案をNCMから受けて、今回は是非実現させたいと思いました。
  • ユニットスラブ見上げ

    ユニットスラブ見上げ

  • ユニットスラブの揚重

    ユニットスラブの揚重

  • ユニットスラブ検討図(?施行JV)

    ユニットスラブ検討図(©施行JV)

  • 設備部材取り付け

    設備部材取り付け

大林組 JV 所長 林忠利氏

大林組 JV現場所長 林忠利氏

CM会社から施工方法まで提案されたのは初めてのことでしたので、最初はとても面喰らいました。しかしながらその狙いを伺ううちに腑に落ちたのです。
水野 工事契約はこの構法の採用を前提とし、見事に実現していただきました。
外装SRCの鉄骨・鉄筋も地組みするなど工夫し、工期は当初より1か月程度短縮しました。構造の架構がより画一的であれば、ユニット化率が増えて、さらに効果的であったかもしれませんね。
NEXT >>>

ユニット化の発想は、空調方式、システム天井、OAフロアまで徹底

index
Page Top
Page Top