HOME  >  STORY  >  事業主からも仕事仲間にも重宝されるCMrをめざして

事業主からも仕事仲間にも
重宝されるCMrをめざして

廣野 大樹

  • NCM TALK

廣野 大樹

2015年4月入社
マネジメント グループ

設計者の思いのたけを知りたい

NCMをどのように知りましたか?

大学時代のゼミの先輩が入社されていました。はじめはCMという業種自体を知りませんでしたが、いろいろ話をうかがううちに興味を持ち、説明会に参加するなどして志望するようになりました。

いまどのようなお仕事を?

新卒で入社すると、3年間はグループ会社である日建設計で研修を受けます。2年間は設計部に、もう1年は監理部に配属されます。今は名古屋オフィスの設計部で、建築設計をオン・ザ・ジョブで学んでいます。研究所やオフィス、工場など、プロジェクトごとに先輩設計者について学びます。じっくり集中するタイプ、スピード感を重視するタイプ、朝型・夜型など、さまざまな設計者の仕事ぶりを見られるので勉強になります。
研修を終えてNCMで仕事をするときには、施主であるお客様と設計者をつなぐ役割を担うことになります。設計者がどのような思いで建築に携わっているのか、研修中に体験できたらいいなと思っています。CMの仕事に必ず生きてくるはずですから。

仕事を進めるうえで心がけたいことは?

研修とはいえ、いち設計者として仕事を任されているので、忙しくもあります。ですが、できるだけ夜型にならないように心がけています。仕事が詰まってきたら、朝早めに出社して効率アップを図っています。

広い視野で見渡す総合力

CMのどんなところに魅力を感じますか?

入社して気づいたのですが、建築にはどうしても一般の方には見えにくい部分があるものです。設計図の意味や金額の内訳など、情報を積極的にオープンにしていく必要があります。私たちコンストラクションマネジャーが分かりやすく説明することで、事業主の満足度もさらに増すのではないでしょうか。
設計部での研修で見えてきたこともあります。設計者は自分の仕事に熱心になるあまり、ときには見方が偏りがちになることもあります。CMの立場からは、デザイン性ももちろん重視しますが、コストやスケジュールなども含め、より広い視野で総合的に判断しなければならないと思います。

これからのCMに期待することは?

今はまだ、CMはそれほど認知度が高い業種ではありません。しかしプロジェクトの透明性がますます求められる昨今、必要とされる機会はさらに増えていくはず。NCMが手がけるプロジェクトによって、その有用性が評価され、世の中に広く知られるようになるといいなと思っています。

・・・・・“off time”・・・・・

生後2カ月たらずの長男の子育て真っ最中です。夜型を避けたいのは、そのためもあります。ですが、平日は帰りが遅くなることも多いので、土日くらいは妻の負担を減らすためにも、できるだけ育児を頑張りたいところです。

※掲載内容は2017年時点のものです。