HOME  >  STORY  >  BIMを活用して設計を学びマネジメントの経験を積んでいます

BIMを活用して設計を学び
マネジメントの経験を積んでいます

吉岡 優一

  • NCM TALK

吉岡 優一

2012年4月入社
マネジメント グループ

CMには定義や枠がない

CMを志した理由はなんでしたか?

大学院での指導教官から、「面白い枠組みが面白いプロジェクトをつくる」と学びました。設計が始まる以前の段階で、お客様の要望を聞き出したり整理したりしながら、プロジェクトを組み立てていくCMという仕事に魅力を感じていました。

入社前からCMについてはよく知っていたのですね?

自分なりに調べてみたものの、実はあまり理解できていませんでした。入社したあとで、改めて「CMには定義がない」と知りました。これは私には好条件。枠が決まっていないのは、自分で領域を広げていけるということです。お客様の要望に沿って、比較的自由な気持ちで活動できていると思います。

設計・監理研修後の最初のお仕事は?

テーマパークの計画支援や高級スーパーの新築計画支援などです。なかでも最も印象深かったのが、地方の立体駐車場のプロジェクトです。そのオーナーとは、私が学生時代にまちづくりに携わっていたときに知り合いました。このプロジェクトでは、駐車場の将来的な中長期修繕にどのくらいの予算が必要かを算定するお仕事をいただくことになったわけです。自分がプライベートでかかわり、スペースの活用提案やイベント企画などをしていたことが地続きで仕事になって、嬉しかったですね。

BIMの「見える化」が強い味方になる

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)チームに所属とのことですが?

今、地方の市庁舎と保育園、消防署の建替えプロジェクトに携わっていますが、BIM等を用いるデジタルデザインの支援を担当することが増えてきました。BIMとは、建物の模型を3Dでコンピュータ上につくるワークフローのこと。3Dデータから平面図や断面図、パースもとり出せますし、窓の個数などの数量情報も把握できます。
BIMは、より良い設計のためだけでなく、プロジェクトの「見える化」を実現できるので、お客様にご安心いただける情報を提示できます。プロジェクトの周辺にいる人たちへの説明や合意形成にも役立てることができ、CM業務の強い味方になりつつあります。

仕事をするうえで心がけていることは?

マネジメントにしっかり軸を置きながらも、自分がエンジニアであることは忘れないようにしています。改修案件が多いチームに自ら希望して入ったのもそのためです。BIMを活用しつつ、改修の仕事をとおして設計をより深く学び、もう一方でマネジメントの経験も積みたい。設計の確かな技術に支えられたコンサルティングを目指しています。

将来のビジョンを教えてください。

私は地方のまちづくりに関心があるので、そちらを自分のフィールドとして設定できればいいなと思っています。財政的には恵まれていなくても、ローカル線や木造の駅舎が見える魅力的な風景を残していくために、企画を立てたり実行したり。モノとしての建築だけでなく、豊かな場づくりのために、定義のないCMだからこそどのような役割を担えるのか、じっくり考えていきたいと思っています。

・・・・・“off time”・・・・・

入社をきっかけに初めて大阪に住むことになりました。この魅力あるコミュニティをもっと楽しみたいと思っています。5歳の息子の幼稚園でPTA会長をしています。関西の地域コミュニティに今も息づく熱量に圧倒されることがあります。

※掲載内容は2017年時点のものです。