HOME  >  ABOUT NCM  >  代表あいさつ

代表あいさつ

つなぐ。今あるものを まだない明日へ

日建設計コンストラクション・マネジメントは、2005年1月4日に「建築分野における総合マネジメント会社」として設立。当初は12名のメンバーでスタートしましたが、現在では270名を超える組織となりました。売上額も創立年の7倍を超える成長を遂げることができました。これもひとえにクライアントの皆様のパートナーとして「価値ある資産をつくる」「資産価値を高める」という二つの側面から誠心誠意サポートさせていただき、それに対し厚い信頼を寄せていただいた結果だと改めて感謝する次第です。

今、私たちをとりまく状況は刻々と変化しています。社会や各企業は、SDGs(持続可能な開発目標、2015年国連サミットで採択)やESG(環境、社会、企業統治)投資を念頭にいれた事業活動へシフトしています。私たちもマネジメント・コンサルティングファームとしてクライアントの皆様のこうした動きに応える他、独自の視点で社会貢献していく必要があると考えます。これまで取り組んできたCM(コンストラクション・マネジメント)業務、LCM(ライフサイクル・マネジメント)業務はもちろんのこと、その枠を超えた新たな境地にも挑んでいきたいと考えます。

2019年より新しい中期経営計画である『VISION 2021』を策定し、活動を開始いたします。スローガンは「つなぐ。今あるものを まだない明日へ」です。一つひとつのプロジェクトと真摯に向き合い、マネジメントの力で資産の“今”と“明日”をつないでいく。あらゆるプロジェクトをクリエイティブにマネジメントすることで皆様と共に「まだない明日へ」歩んで行きたいと考えます。今後ともより一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

2019年4月   代表取締役社長
水野 和則