1. HOME
  2. ABOUT NCM
  3. 代表あいさつ

代表あいさつ

「四方よし」の社会環境の実現に向けて

一昨年来、世の中を席捲している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、いまだに収まることなく、私たちの活動に大きな影響を与えています。ほぼ時を同じくして、地球温暖化に対する危機認識も国内外で高まっています。日建設計は、2021年3月に「気候非常事態宣言」を表明しました。これは、民間企業の立場から経済活動と脱炭素社会実現の両立を模索し、社会に働きかけていくものです。

当社は、2020年にCSR方針「公正かつ透明性の高い企業活動を通じて持続的な企業価値向上を図り、提供するソリューションとマネジメントの力で、サステナブルな社会の実現に貢献します」を策定し、サステナブルな社会の実現に向けて尽力しています。その一環として、森林再生に関連するCSR活動を行い広報媒体「新林」を継続発行しています。また、2021年には新たな組織として「サステナビリティ推進チーム」「Sustainability&ESGドメイン」を立ち上げるとともに、各プロジェクトにおいてクライアント・ニーズに応じ、サステナビリティの観点からコンサルティングできるような体制構築に励んでいます。

当社はこれまで、ひとつひとつのプロジェクトと真摯に向き合い、ソリューション力とマネジメントの力で「社会資産」の価値向上に尽力してまいりました。これからは、この「社会資産」に「地球」という要素を加えねばなりません。昔の近江商人の言葉「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」に「地球よし」を加えた「四方よし」を胸に、あらゆるプロジェクトをクリエイティブにマネジメントし、皆様と共に明日へ向かって歩んで行きたいと思います。

引き続き、より一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

2022年1月
代表取締役社長    水野 和則