1. HOME
  2. NEWS
  3. NCMのニュース一覧

NEWS

YEAR

ALL

TYPE

NEWS

「第18回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)」授賞式で、当社大阪オフィスの取り組み「O3(大阪おせっかいオフィス)いきたくなるオフィス」が優秀ファシリティマネジメント賞を授与されました

Learn more
2024年2月21日(水)に、第18回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)授賞式が都内で開催され、優秀ファシリティマネジメント賞を受賞した当社大阪オフィスの取り組み「O3(大阪おせっかいオフィス)いきたくなるオフィス )」が表彰されました。授賞式では、当社Strategy&Design Management部門シニアディレクター佐々木 康貴が登壇し、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)の米倉 誠一郎会長から、FM実践組織として賞状と記念品が授与されました。今回受賞した当社大阪オフィス「O3(大阪おせっかいオフィス)いきたくなるオフィス )」に対しては、ワークプレイスをエコシステムとし、コミュニティマネジャーやコンシェルジュサービスを導入するなど、新たな試みが多面的で総合的に検討・実行されていること、またそれらに経営課題として取り組む体制が評価され、今後の検証に基づく改革・発展の継続と、施設を通じての生産性向上に一層の期待が寄せられました。受賞概要【受賞名】優秀ファシリティマネジメント賞【応募タイトル】「 O3(大阪おせっかいオフィス)いきたくなるオフィス )」【受 賞 者】(1)FM実践組織日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社(2)サービス提供者株式会社日建スペースデザインAsh Every Design Office株式会社日建設計総合研究所株式会社TPO株式会社ヴォンエルフ第18回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞) 入賞発表https://www.jfma.or.jp/award/index.html※当社受賞内容に関するプレゼンテーション動画が、「ファシリティマネジメントフォーラム2024」(オンデマンド開催:無料・事前登録制、配信期間 2024年2月22日(木)~3月18日(月))の中でご覧いただけます。詳細はこちらをご覧ください。https://www.jfma.or.jp/FORUM/

京都女子大学との産学連携の取り組み「京都女子大学 B校舎シンボルデザインコンペティション」結果発表

Learn more
当社は京都女子大学と、「京都女子大学 B校舎シンボルデザインコンペティション」を開催、2023年10月18日(水)の最終審査の結果、最優秀作品を決定しました。本コンペティションでは、2023年7月19日(水)~9月29日(金)の期間、京都女子大学の生活造形学科所属の学部生及び大学院生を対象に同学B校舎のシンボルとなる壁面のデザインを募集しました。応募45作品から1次審査を通過した11作品が、公開講評会(2023年10月18日(水)開催)での2次(最終)審査に進み、最優秀作品「作品名:未来へ羽ばたく道を行け/小山茉里さん」をはじめ、優秀作品3選含む各賞を決定しました。今後、B校舎の4つのフロアの廊下と廊下の交わる結節点に最終週作品のデザインが採用され2024年3月に施工される予定です。京都女子大学のB校舎は、1964年(築59年)に竣工したキャンパス内でも歴史ある建物であり、実験・実習設備が充実した学内最大規模の校舎です。正門すぐに位置するB校舎は、外観やエントランスホールをはじめ、格式と重厚な雰囲気をまとった意匠を持ち、学園の“文化的なシンボル”のひとつといえます。そんな歴史あるB校舎を永く利用していくために、現在廊下をはじめ様々なリニューアル工事を進めています。生活造形学科や食物栄養学科のメイン校舎であるB校舎の廊下は、単に通行の動線機能だけでなく、学生作品の展示や学科のインフォメーションを示す掲示等、アクティビティが表現される活発な空間でもあります。そこで各フロア2つの廊下が交わる結節点にある大きな防火扉と新設のフロアサインを一体の大きなキャンパスに見立てて、学生や教員が日々行きかい、出会う“コーナーのデザイン”を募集しました。家政学部の学びの舎として、フロアを跨いだ全体の統一感と、シンボル性のあるアイコニックなデザインを期待しました。京都女子大学HP

当社大阪オフィス「O3」の取組みが第18回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)「優秀ファシリティマネジメント賞」を受賞!

Learn more
当社大阪オフィス「O³(オースリー)」の取組みが、公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(以下:JFMA)が主催する「第18回 日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)」において「優秀ファシリティマネジメント賞」を受賞しました。受賞概要【受賞名】優秀ファシリティマネジメント賞【応募タイトル】「 O3(大阪おせっかいオフィス)いきたくなるオフィス )」【受 賞 者】(1)FM実践組織日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社(2)サービス提供者株式会社日建スペースデザインAsh Every Design Office株式会社日建設計総合研究所株式会社TPO株式会社ヴォンエルフ背景と取組みの概略日建設計コンストラクション・マネジメントでは、事業規模の拡大に伴い、2019年より大阪オフィスのリニューアルの検討を開始しました。その後、コロナ禍の影響により社会が大きく変化する中、働き方の舵取りが重要な経営課題になってきたことから、企業のビジョンとワークスタイル戦略が一貫性をもつことが必要だという認識が高まりました。本事業は、建築のコンサルティングファームとしての当社が、顧客に先立ち、まずは自社の自己変革に取り組み、未来の働き方に対する当社の仮説を実証していくパイロットプロジェクトとして、2023年5月にリニューアルオープンしました。審査委員長 講評CM(コンストラクション・マネジメント)業務を中心としたマネジメントとコンサルティング企業の自社オフィスの改革に関する応募である。社内・社外に向けた実験的なパイロットプロジェクトと位置づけられている。①企業の働き方戦略をまず定める、②ワークプレイスはオフィスではなくエコシステムとなり、選択的に働く体験をする、③専任のコミュニティマネジャーの配置、④ワーカーのライフを徹底してサポートするパーソナルコンシュルジュサービスの導入など、多面的で総合的な検討と実行がされている。単なるオフィスの改革ではなく、社会や地域経済まで視野に入れ、築60年のビルでのリニューアルを選択するなど、経営課題についても包括的に検討されている。また、FM推進体制についても、プロジェクトチームがFM推進チームをサポートする体制とし、運営維持段階でも目標設定とKPI、評価方法を用意してPDCAサイクルを回す仕組みを構築している。稼働は2023年5月で、プロジェクトの評価と運用実績評価により、改革・発展を継続することが、今後の課題である。また、この大阪での改革をテコとして、東京と名古屋の拠点と働き方の改革・発展にも期待したい。※「第18回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)」入賞発表より引用