HOME  >  NEWS  >  当社CSR活動情報を発信する媒体「新林」(しんりん)第1号を発行しました

当社CSR活動情報を発信する媒体「新林」(しんりん)第1号を発行しました

日建設計コンストラクション・マネジメントは、当社のCSR活動情報を発信する媒体「新林」(しんりん)第1号を本年4月1日に発行しました。
「新林」第1号では、“なぜ、今、木を伐るのか”というテーマで、2020年11月にトライアル実施したCSR活動「木を伐る活動」のレポートや参加した社員の声を掲載しています。
「新林」第1号は当社のお客様や学生の皆さんなどへ配布するほか、HPでも公開します。

「新林」は、当社の社会課題解決へ向けた取り組みとして、「森林」についてともに考え、学ぶ媒体として立ち上げました。この造語「新林」には、人によってつくられた人工“林” において、木こりとともに“斤(おの)” を持ち、地域の方々とともに企画を“立” 案し、“森” における文化を耕していきたいという想いが込められています。またロゴは、文字と図の中間的なデザインとし、新鮮な眼で価値や課題を捉えていくという姿勢を表現しました。
なお、今回発行の第1号から、間伐材を有効活用した紙である「フォレスタCoC」を使用しました。製本には、用紙を二つ折りにして順番に重ねただけの「スクラム製本(綴じ無し製本)」と呼ばれる製本方法を採用しています。綴じに針金を使わないため、リサイクルにも適しています。

新林(しんりん)第1号【PDF】をダウンロードいただけます

新しい森林文化を耕そう
新林(しんりん)第1号

新林 第1号ダウンロードはこちら

また、CSR活動「木を伐る活動」の本年最初の取り組みとして、「木を運び出すセッション」を、本年3月26日(金)にKicoroの森(静岡県浜松市天竜区)で実施しました。今回は昨年11月に実施した「木を伐る活動」で伐った木を参加した社員が運び出し、製材や薪割りを行いました。本活動の内容は「新林」第2号でのご紹介を予定しています。

関連リンク

環境への取り組み |CSR

環境への取り組み

日建設計コンストラクション・マネジメントは
環境への取り組みとして、様々な活動を行っています。