HOME  >  NEWS  >  『真宗大谷派難波別院 新事業化計画』がICPMAの “Alliance Award 2021” において優秀賞を獲得しました

『真宗大谷派難波別院 新事業化計画』がICPMAの “Alliance Award 2021” において優秀賞を獲得しました

(Photo:株式会社竹中工務店)

ICPMA(International Construction Project Management Association)主催の“The 2021 Awards”のAlliance Award 部門において、当社プロジェクトの「真宗大谷派難波別院 新事業化計画」が優秀賞(Distinction Alliance Award)を受賞いたしました。
昨年の「東京會舘本舘建替計画」の最優秀賞受賞に続き、2年連続での受賞となります。
“Alliance Award ” は、2003年に設立され本拠地をスイスのベルンに置くICPMAが、世界各国からの応募プロジェクトの中からプロジェクト関係者の良好なチームワークや巧みなプロジェクトマネジメント手法等を評価し、秀逸な成果を出したものに与えられる賞となっています。
ICPMA HP        ・About awards | ICPMA

今後も日建設計コンストラクション・マネジメントは、世界で評価を受ける価値あるサービスをご提供できるよう、さらに研鑽に努めてまいります。

|関連リンク