HOME  >  NEWS  >  【プロポーザル当選情報】国土交通省/令和3年度BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業(先導事業者型)

【プロポーザル当選情報】
国土交通省/令和3年度BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業(先導事業者型)

このたび当社は、「令和3年度BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業(先導事業者型)」として採択されました。
当社は、昨年度(令和2年度)事業にて「やさしいBIM®」という発注者が主体的に利用できるBIMを提起し、設計者/施工者が介在しづらい企画段階、基本計画段階、維持管理段階にてBIMの有効性・データ連携手法を検証しました。

今年度は、公募テーマ「BIMを通じたデジタルデータの活用による、BIMの活用による生産性向上、建築物・データの価値向上や様々なサービスの創出等を通じたメリット(特に発注者メリット)の検証等」に対して、日本郵政株式会社様と協業し、昨年度に引き続き、建築のライフサイクルを通した発注者によるBIM活用の有効性検証を行います。

本検証・研究を通して、施設群における戦略的施設投資検討にかかる業務の効率化検証を行い、事業主メリットを最大化するためのBIM等を活用したデジタルソリューションへの取り組みに貢献してまいります。


【本件に関するお問合わせ先】
日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社
マネジメント・コンサルティング部門 ディレクター 吉本圭二
yoshimoto.keiji@nikken.jp


詳しくは国土交通省ホームページをご覧ください。
BIM導入のメリットの検証等に試行的に取り組む提案を7件採択
~ 「令和3年度BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業(先導事業者型)」の採択提案の決定 ~

関連リンク

やさしいBIM |SERVICE

やさしいBIM®

事業主メリットを最大化するための
BIMなどを活用したデジタルソリューションへの取り組みを支援します

関連NEWS