HOME  >  PROJECT  >  札幌丸井三越

札幌丸井三越 Sapporo Marui Mitsukoshi

札幌丸井三越が運営する丸井今井札幌本店(2棟)及び札幌三越(1棟)に関わる耐震補強工事を主としたプロジェクトです。
主な内容は①丸井今井一条館、丸井今井大通館、札幌三越本館の合計3棟の耐震補強工事、②LCC工事(3棟)・丸井今井大通別館原状回復工事・三越本館EV更新工事、③丸井今井西館新築工事、の3点です。基本計画段階から設計施工者選定、工事竣工までトータルにマネジメントを実施しました。
耐震補強工事においては、事前調査では解らなかった想定外事項を構造設計者と密に連携しながら対応策を検討しました。
居ながら工事である事や耐震工事期間中に大規模リモデルがあった為、店舗側と密接な調整も行いました。また耐震3棟は、耐震改修促進法による基準適合認定建築物の登録を実施しました。
西館新築工事においては、既存の複数建物を解体後、テンポラリーな運用を前提とした計画です。耐久性25年を最低限確保したミニマム仕様の建物骨格を基本としながら、北海道におけるラクジュアリーブランドの基幹店が入居する事も併せて考慮し、コストを掛ける部分と、掛けない部分のメリハリを活かして建物計画及び内装計画を実現しました。

(Photo:㈲高崎建築写真工房)

TYPE
  • 商業
  • リノベーション
INFORMATION
CLIENT
株式会社三越伊勢丹
LOCATION
北海道札幌市中央区南一条西二丁目11番地ほか
USE
百貨店
FLOOR AREA
一条館:26,236㎡
大通館:39,354㎡
三越本館:36,830㎡
西館:1,955㎡
STRUCTURE
一条館:SRC・RC(一部S)/B2F・10F・P2F
大通館:SRC/B3F・10F・P3F
三越本館:SRC(一部S)/B3F・10F・P3F
西館:S/3F・P1F