1. HOME
  2. NEWS
  3. ICPMA Awards 2024で当社が支援した祇園甲部歌舞練場プロジェクトが「Overall Project Achievement賞」を受賞

ICPMA Awards 2024で当社が支援した祇園甲部歌舞練場プロジェクトが「Overall Project Achievement賞」を受賞

ICPMA(International Construction Project Management Association)主催の「ICPMA Awards 2024」において、当社が支援した「祇園甲部歌舞練場プロジェクト」が「Overall Project Achievement賞」を受賞しました。
祇園甲部歌舞練場は、都をどり上演会場として知られ登録有形文化財に認定されています。当プロジェクトは文化価値を守りながら国内最大級の木造劇場の耐震性向上を目的とした事業であり、当社は事業推進にあたり複雑なプロジェクトをマネジメントしました。

本年6月24日に米国・ニューヨークで開催された2024年のICPMA総会で「ICPMA Awards 2024」の授賞式が開催され、本プロジェクトを担当した当社マネジメント・コンサルティング部門 ディレクターの高倉 孝次が賞を授与されました。受賞にあたっては、「文化財を保存すること、新しい技術で耐震性を確保すること、建物が活用され経済的な持続性を保つことを、発注者・金融機関・技術者が一体となり解決した」点が評価されました。
なお、当社が支援したプロジェクトが「ICPMA Awards」を受賞するのは5年連続で、これまでの通算で8プロジェクトが受賞となりました。これは国内のコンストラクション・マネジメント会社として最多となります。

写真左:ICPMA Awards 2024審査員長 Christina Stoltz氏
写真中央:当社マネジメント・コンサルティング部門 ディレクター高倉 幸次
写真右:ICPMA Awards 2024 審査員 Michel-Jan Van Mark氏

ICPMA Awardsとは

ICPMA Awardsとは、2001年にフランス カンヌで設立されたICPMA(本部:スイス)が、建設のプロジェクトマネジメントにおけるベストプラクティスの普及のために世界中のプロジェクトマネジメント手法を発表する機会を提供し、その中から優れた手法に授与される賞です。

ICPMA Awardsについて(ICPMA ホームページ)

審査員コメント

審査員長 Christina Stolz氏
技術的財政的に未知な要素が多い状況から出発したこのプロジェクトは、現存の姿で文化を継続させたいという目的の元に多くの関係者が互いに解決策を模索しながら複雑性に見事に対応していった点に感銘を受けました。

発注者代表コメント

学校法人八坂女紅場学園理事長 杉浦 京子様
祇園甲部の私たちにとって心の拠り所であり、100年を超える歴史を持つ木造建築の歌舞練場は今回その姿を変えることなく耐震改修することができました。このことを世界的に認めていただけたことは工事関係者の方々は言うまでもなく私達にとっても光栄であり励みとなります。この難しいプロジェクトを成功させるべくご尽力いただいた方々に厚く御礼申し上げます。この建物を通して花街文化を末永く世界の皆様にお伝えしていければ幸いです。

担当者コメント

当社マネジメント・コンサルティング部門 ディレクター高倉 幸次
発注者・金融機関・事業者・設計施工者を含む多くの関係者の方々のご尽力に深く感謝します。「文化財の価値を次の世代につなぎ長く使っていく」という共通の目的でプロジェクトを推進したことを世界から評価され嬉しく思います。

プロジェクトの概要

関連NEWS