HOME  >  PROJECT  >  石油資源開発 単身寮

石油資源開発 単身寮 Dormitory of Japan Petroleum Exploration Company

石油資源開発株式会社が福島県新地町で新たに操業するLNG基地に従事する従業員のための社員寮の新築工事。東日本大震災により被災した地域であり、計画敷地は災害復興の土地区画整理事業地内。復興事業による周辺地域の建設費の高騰、コンクリートの調達に対するスケジュール遅延や品質低下のリスクに対して、PC造を採用することによりコスト低減とコンクリートの品質確保を実現した。
NCMは発注者予算、仕様設定など要求事項を整理、コストアロケーションの分析結果に準じた発注戦略、受注者選定を実施。また、土地区画整理事業、インフラ(上下水道、電気、電話)事業など、町役場やインフラ事業者との調整を図りながら、竣工までのスケジュール管理を行った。

(Photo:株式会社エスエス 東北支店)

石油資源開発 単身寮

TYPE
  • 住宅
INFORMATION
CLIENT
石油資源開発株式会社
LOCATION
福島県相馬郡新地町
USE
住宅
FLOOR AREA
2498.34㎡
STRUCTURE
壁式プレキャストコンクリート造・地上4階