1. HOME
  2. NEWS

NEWS

YEAR

ALL

TYPE

ALL

「第18回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)」授賞式で、当社大阪オフィスの取り組み「O3(大阪おせっかいオフィス)いきたくなるオフィス」が優秀ファシリティマネジメント賞を授与されました

Learn more
2024年2月21日(水)に、第18回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)授賞式が都内で開催され、優秀ファシリティマネジメント賞を受賞した当社大阪オフィスの取り組み「O3(大阪おせっかいオフィス)いきたくなるオフィス )」が表彰されました。授賞式では、当社Strategy&Design Management部門シニアディレクター佐々木 康貴が登壇し、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)の米倉 誠一郎会長から、FM実践組織として賞状と記念品が授与されました。今回受賞した当社大阪オフィス「O3(大阪おせっかいオフィス)いきたくなるオフィス )」に対しては、ワークプレイスをエコシステムとし、コミュニティマネジャーやコンシェルジュサービスを導入するなど、新たな試みが多面的で総合的に検討・実行されていること、またそれらに経営課題として取り組む体制が評価され、今後の検証に基づく改革・発展の継続と、施設を通じての生産性向上に一層の期待が寄せられました。受賞概要【受賞名】優秀ファシリティマネジメント賞【応募タイトル】「 O3(大阪おせっかいオフィス)いきたくなるオフィス )」【受 賞 者】(1)FM実践組織日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社(2)サービス提供者株式会社日建スペースデザインAsh Every Design Office株式会社日建設計総合研究所株式会社TPO株式会社ヴォンエルフ第18回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞) 入賞発表https://www.jfma.or.jp/award/index.html※当社受賞内容に関するプレゼンテーション動画が、「ファシリティマネジメントフォーラム2024」(オンデマンド開催:無料・事前登録制、配信期間 2024年2月22日(木)~3月18日(月))の中でご覧いただけます。詳細はこちらをご覧ください。https://www.jfma.or.jp/FORUM/

日本CM協会「国際委員会主催イベント『Fly Me To The World - グローバルCMrを志すあなたへ』」に当社社員が登壇します

Learn more
本年3月18日(月)に開催される、日本CM協会 国際委員会主催イベント『Fly Me To The World – グローバルCMrを志すあなたへ』(主催:一般社団法人 日本コンストラクション・マネジメント協会)に、当社マネジメント・コンサルティング部門 シニアエキスパート 岡本 猛が登壇します。本セミナーの詳細については、下記をご覧ください。一般社団法人 日本コンストラクション・マネジメント協会:https://www.cmaj.org/index.php/ja/seminar-information/2971イベントの概要名  称:「国際委員会主催イベント『Fly Me To The World – グローバルCMrを志すあなたへ』」※当社マネジメント・コンサルティング部門 シニアエキスパート 岡本 猛 が登壇日  時:2024年3月18日(月)15:00 ~19:00会  場:建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20) 参加費 :3,000円     申込締切:2024年3月14日(木)主  催:一般社団法人 日本コンストラクション・マネジメント協会本セミナーの詳細、お申込みについては、下記をご覧ください。https://www.cmaj.org/index.php/ja/seminar-information/2971関連NEWS2024.1.10 WED SEMINAR日本CM協会「東海支部 公共CM活用セミナー」に当社社員が登壇します

当社大阪オフィス「O3」がWELL認証ゴールドを取得

Learn more
当社の大阪オフィス「O3(オースリー:Osaka Osekkai Office)」が、健康とウェルビーイングに焦点を合わせた国際的な建築性能評価制度「WELL Building Standard TM v2(以下、WELL認証v2)」のゴールドを取得しました。この大阪オフィス「O3」には、5つの特徴的な取り組み「Experience Design エクスペリエンスデザイン」、「WELL & Sustainability ウェル&サステナビリティ」、「Art & Styling アート&スタイリング」、「Community Manager コミュニティマネジャーの配置」、「Concierge Service コンシェルジュサービスの導入」があります。そのうち「WELL & Sustainability ウェル&サステナビリティ」では、既存家具の廃棄までのCO2削減の取り組みや、疲れにくい家具や植栽に囲まれた快適で環境への負荷が小さいオフィスづくりなどの取り組みを行っています。その一環として昨年WELL認証v2の予備認証を取得し、この度のゴールド取得に至りました。当社は、2019年より大阪オフィスのリニューアルの検討を開始しましたが、その後コロナ禍の影響もあり社会が大きく変化する中、働き方の舵取りが重要な経営課題になる中で、改めて企業のビジョンとワークスタイル戦略が一貫性をもつことが必要だという認識が高まりました。2023年5月にリニューアルオープンした当社大阪オフィス「O3」は、建築のコンサルティングファームとしての当社が、顧客に先立ち、まず自社の自己変革に取り組み、未来の働き方に対する当社の考え方を体現したパイロットプロジェクトです。

水素エネルギーシステムのトップエンジニア山根史之氏による社内講演会を開催しました

Learn more
当社は、2023年12月21日(木)に水素エネルギーに関する社内講演会を大阪オフィス「O3(オースリー):Osaka Osekkai Office」をメイン会場にオンラインを併用し開催しました。本講演会では、水素エネルギーシステムのトップエンジニアである東芝エネルギーシステムズの山根史之氏を講師に迎え、「水素を取り巻く状況と、福島水素エネルギー研究フィールドについて」をテーマに講演いただきました。当社は、山根氏が携わられた世界最大級(※2020年3月稼働開始時点)の水素製造装置を備えた「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」の建設プロジェクトにおいて、2017年からコンストラクション・マネジメント(CM)業務を担当しプロジェクトを支援しました。現在世界的に加速する脱炭素化に伴い、水素をはじめとする次世代エネルギー関連施設の建設プロジェクトが増加し、また建物の建築における脱炭素の取組みとしての水素活用も研究されています。このような状況のもと建設を主としたトータルマネジメント業務を行う当社では、水素エネルギーへの知見を高めるため、山根氏に講演いただくこととなりました。講演会では、「日本における水素戦略と現状について」をテーマに、水素の分類にはじまり、日本と世界の水素戦略や、関連する要素技術、そして水素の活用先など、水素を取り巻く国内外の状況、その背景や実際について講演いただきました。まず、水素の分類には、欧州でグレー、ブルー、グリーンと色分けで分類される一方で、日本や米国ではブルーとグリーンを含むクリーン水素という定義があり、さらに最近主流の炭素排出量をあらわす炭素強度もあるなど、定義が混在していることが語られました。そして、重要なポイントとして「水素を使えばCO2がゼロになるわけではない」ということに留意が必要だということ、もう一つのポイントとして、CO2排出量の数値のカウントの定義について、製造までのWell to Gateから、そこから運び利用するまでのWell to Tankや、Well to Wheelもあり、数値がどの定義を使っているか留意すべきといったことがあげられました。